LINE運用・配信代行

LINE公式アカウントの無料プランと有料プランの違いについて解説

この記事の監修者

この記事を書いた人

株式会社solabo

株式会社SoLabo(ソラボ)は、SEO、コンテンツ制作、SNS戦略からデータ分析まで、総合的なデジタルマーケティングでお客様のビジネスをサポートします。

LINE公式アカウントの利用を検討している人の中には、LINE公式アカウントのプランによっての違いが気になる人はいますよね。LINE公式アカウントは無料でも有料でも料金プランによる機能差はなく、配信メッセージ数が異なること以外全て同じ機能が利用できます。

この記事では、LINE公式アカウントの無料プランと有料プランの違いについて解説します。料金面でLINE公式アカウントの導入を悩んでいる人は参考にしてください。

プランによって配信可能なメッセージ数のみ異なる

LINE公式アカウントは、無料プランと有料プランによる機能差はありません。プランによって1か月間に無料で送ることができるメッセージの数と、追加メッセージにかかる1通あたりの料金のみが変わります。

【LINE公式アカウントの料金プラン】

名称 月額固定費 無料メッセージ上限 追加メッセージ
コミュニケーションプラン 0円 200通/月 不可
ライトプラン 5,000円(税別)

5,500円(税込)

5,000通/月 不可
スタンダードプラン 15,000円(税別)

16.500円(税込)

30,000通/月 ~3円/通(税別)

コミュニケーションプランはメッセージ配信数が月間200通を超えるまで全ての機能を無料で利用することができます。無料で利用できるコミュニケーションプランは月のメッセージ配信数に上限があるので、プランの配信数を超えて利用したい場合は有料プランへの切り替えが必要になります。

まずはコミュニケーションプランから開始し、友だちの数の増加に応じて有料プランを検討するのが良いでしょう。小さい店舗での利用など、友だち数が大きく増える見込みがない場合はコミュニケーションプランにて無料で使用し続けることができます。

無料メッセージ通数の上限として換算されるメッセージは2種

無料メッセージ通数の上限として換算されるメッセージは2種類です。すべての機能がメッセージ通数としてカウントされるわけではないので、カウントされるメッセージとされないメッセージを把握しておきましょう。

【カウントされるメッセージ】

  • メッセージ配信(絞り込み、ステップ配信を含む)
  • Messaging APIの「プッシュメッセージを送る」「マルチキャストメッセージを送る」「ブロードキャストメッセージを送る」機能で送ったメッセージ

【カウントされないメッセージ】

  • チャットの送受信(1対1メッセージ)
  • チャットとして扱われる応答メッセージ、AI応答メッセージ
  • Messaging APIの「応答メッセージを送る」機能で送ったメッセージ
  • あいさつメッセージ

友だちに一斉配信を行う配信は無料メッセージとしてカウントされますが、自動応答メッセージや友だちと1対1でやり取りを行うチャットなどは無料メッセージのカウントには含まれないので何通でも無料で利用できます。

チャットによる個別対応や友だち数が数十人の場合は、無料のコミュニケーションプランでもメッセージ上限を超えずに活用できるケースもあります。アカウント開設後に友だちが増えてメッセージ配信を多く活用するになった場合、プランの変更を考えてみてください。

LINE公式アカウントでは全プランで同じ機能が利用できる

LINE公式アカウントでは、全プランで同じ機能が利用できます。有料、無料問わずに使える機能には次のようなものがあります。

【LINE公式アカウントの機能】

  • メッセージ配信
  • チャット(1対1でのトーク)
  • 問合せへの自動返信
  • ショップカード
  • クーポン配信
  • LINEコール
  • リッチメニュー

たとえば、ショップカード(ポイントカード)の作成や友だちと個人間で電話を行うLINEコールも無料で利用できます。チャットはメッセージ上限にカウントされないので、無料で制限なく利用できます。

機能の利用に料金は発生しないので、試したい機能があった場合はいつでも利用することが可能です。自社で利用したい機能がある場合は無料プランでアカウントを開設し、実際に触ってみると良いでしょう。

LINE公式アカウントのプラン以外の有料オプション

LINE公式アカウントには、プラン以外にも有料で利用することができるオプションがあります。

【LINE公式アカウントの有償オプション】

・プレミアムID

・追加メッセージ

課金は任意なので、自社のLINE公式アカウントの運用目的をスムーズにするのに必要な際は導入を検討してみてください。

プレミアムID

プレミアムIDとは、LINE公式アカウント開設時に付与されるベーシックIDを希望の文字列で自由に変更できる有料のIDです。自社のLINE公式アカウントのIDを会社名やサービス名にすることが可能になります。

プレミアムIDを利用することで会社名やサービス名での検索にヒットする、アカウント名と一致させることでブランディングに貢献するなどの利点があります。LINE公式アカウントで自社サービスを宣伝したい場合におすすめです。

プレミアムIDは月額110円(税込)または年額1,320円(税込)で利用できます。購入経路によって料金形態が異なるので、iOSアプリから購入した場合は価格・取引条件が異なるので購入前に確認が必要です。

追加メッセージ

追加メッセージとは、プランの無料メッセージ上限を超えてメッセージ配信をすることができるサービスです。追加メッセージを購入することによって、16.500円(税込)のスタンダードプランのみ別途料金を支払うことで無料メッセージ通数を超えてメッセージ配信ができます。

コミュニケーションプランは200通、ライトプランは5,000通を超える配信ができないため上限を変更することができませんが、スタンダードプランのみ追加メッセージを購入することができます。

有償メッセージにかかる費用は、1通あたり1.5円から3円(税別)で、追加メッセージの料金は以下の通りです。

【追加メッセージと単価】

追加メッセージ配信数 単価(税別)
~50,000 ¥3.00
50,000~100,000 ¥2.80
100,001~200,000 ¥2.60
200,001~300,000 ¥2.40
300,001~400,000 ¥2.20
400,001~500,000 ¥2.00
500,001~600,000 ¥1.90
600,001~700,000 ¥1.80
700,001~800,000 ¥1.70
800,001~900,000 ¥1.60
900,001~1,000,000 ¥1.50

有償メッセージは、通数が多いほど単価が安くなっていきます。有償メッセージ配信についての詳細は『LINE公式アカウントの有償メッセージが必要になるケースについて解説』を参考にしてください。

まとめ

LINE公式アカウントはプランによって配信可能なメッセージ数のみ異なり、料金プランによる機能差はありません。無料で利用できるコミュニケーションプランは月のメッセージ配信数に上限があるので、プランの配信数を超えて利用したい場合は有料プランへの切り替えが必要になります。

無料メッセージ通数の上限として換算されるメッセージは2種類です。友だちに一斉配信を行う配信は無料メッセージとしてカウントされますが、自動応答メッセージや友だちと1対1でやり取りを行うチャットなどは無料メッセージのカウントには含まれないので何通でも無料で利用できます。

LINE公式アカウントには、プラン以外にも有料で利用することができるプレミアムIDと追加メッセージという任意のオプションがあります。

LINE公式アカウント自体は無料で利用し続けることが可能なので、配信量や配信目的に合わせてプラン課金等を行いましょう。

LINE公式アカウント構築・運用について
無料相談・お見積りを申し込み

ソラボで培った「本当に効果のあるノウハウ」で再現性の高いマーケティング戦略を提案します。

メールロゴ お問い合わせをする

ソラボが施策してきたLINEマーケティングの最新活用方法を無料公開

独自ノウハウと推奨する拡張ツールを詳細に解説した資料をご用意しました。無料ですので、ぜひご活用ください。

ダウンロード 資料ダウンロードはこちら
一覧へ戻る

お問い合わせ

LINEで相談